*

中高年の就職・転職者は必ずチェックを!優れた社会人は守っている入社後の注意点

公開日: : 退職・入社について

あなたは“年代”で見られています

 まず入社後に注意しなければならない点は、周囲の目。もっと言えば、周囲から自分がどう見られているのかを常に意識する姿勢を忘れてはいけません。

 新しい人と接する時、あらゆる情報を整理してその人を判断していきますが、その情報の中で非常に大きなものとなるのが、年齢や年代です。あなたも入社後は年代で見られることになるはずなので、その意識を忘れないようにしてください。

 中高年にふさわしい態度・振る舞いをしましょうということ。それができず、どこか若い人がしそうな態度・振る舞いをしてしまえば、周囲の人は違和感を覚え、あなたとどう付き合っていけばいいのか困惑してしまうでしょう。そうならないようにすることが、第一の入社後の注意点となるのです。

「納得できない」ではなく、理解すること

 仕事をすれば、誰でも納得できないと感じることが出てきます。大学を出たばかりの人などが就職すれば、その納得できないことも「これが働くということか」などと理解できてしまうのかもしれませんが、中高年ともなるとそう簡単にはいかない人もいるでしょう。

 それでも、理解しましょう。「納得できない」と主張しても、「だったら辞めればいい」と思われてしまうのがオチ。「こういうものなんだ」としっかりと理解し仕事に打ち込む、これができないと、入社早々にあなたは役立たずでわがままな新入社員というレッテルを貼られてしまいます。

結果にこだわった数ヶ月間を

 入社後の数ヶ月間、この期間は結果にこだわった働き方を徹底しましょう。中高年の社会人に求められるのは結果です。これにこだわらなければ、その会社にいる意味すらないと思っておくべき。

 不慣れだなんて言い訳はできません。結果が出せるような環境ではないなんて主張も認められません。そうした不満や不平を乗り越えてでも結果を出す、それがある一定の年齢を超えた社会人に課せられた使命なのです。こうした入社後の注意点を入社前にどれだけ認識しておくか、ここがまずは重要な部分となるのではないでしょうか。

【関連記事】
中高年の転職希望者なら円満退職あるのみ!
中高年の転職希望者に求められる退社の手続きとは?!
中高年の転職希望者と入社手続きの注意点について
安定して働き続けるために、転職者が初出勤までにしておきたいこと

関連記事

中高年の転職希望者に求められる退社の手続きとは?!

原則的に内定の保留は認められないと考えよう!  内定を保留する際にはせいぜい3日以内であると考

記事を読む

中高年の転職希望者なら円満退職あるのみ!

退職するかしないか?!は自分でよく考えよう!  退職を決意するまでは、今の会社に残るという選択

記事を読む

安定して働き続けるために、転職者が初出勤までにしておきたいこと

会社が求めていることを確認・把握  あなたがこれから勤めることになる会社は、あなたのキャリアを

記事を読む

中高年の転職希望者と入社手続きの注意点について

「雇用契約書」は自分でしっかりと確認をしよう!   採用されると雇用契約書を会社と交わしますが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

中高年の就職・転職者は必ずチェックを!優れた社会人は守っている入社後の注意点

あなたは“年代”で見られています  まず入社後に注意しなければな

安定して働き続けるために、転職者が初出勤までにしておきたいこと

会社が求めていることを確認・把握  あなたがこれから勤めることに

中高年だからこそ履歴書に職歴として記載しておきたいアルバイト経験

中高年ならアルバイト経験記載は有効度アップ  アルバイトをして働

仕事以外に社会人として取り組むべきは体調管理です

高い目標を掲げないのが体調管理のコツ  一念発起で体調管理に乗り出す

中高年の転職希望者と入社手続きの注意点について

「雇用契約書」は自分でしっかりと確認をしよう!   採用されると

→もっと見る

PAGE TOP ↑